アーカイブ

ネット融資は最先端の金融サービス

smartphone-1184883_640

昨今でこそ、簡単手軽に現金を用立てられる便利なサービスとして、経済社会にすっかり浸透した感のあるネット融資も、実際にはその歴史は浅く、登場した当時のインパクトは十分以上でした。

それまでのキャッシングの常識だった、金融業者の店頭もしくは専用の機械の設置場所へ赴くことも、時間を要する申込用紙の郵送も不要となり、その利便性は飛躍的に向上しました。

世の中にインターネットが登場し、当初は一部の世界だけの通信手段だった時期を経て、私たちの日常生活に普及が進んだのは、戦後の経済社会の歴史を振り返れば、比較的最近の出来事と言えるでしょう。

それまでのお金が絡む契約と言えば、当事者が直筆で所定の申請書類を作成から捺印し、所定の審査にも一定期間を要するのが基本でした。この即効性が期待できない時間間隔を、最初に一気に短縮したのが、いわゆる無人の機械を用いた融資サービスの提供でした。

外部から第三者に覗き込まれることのない隔離スペースで、機械に取り付けられた受話器を用い、金融業者の担当者との会話を通じての融資申し込みは、審査に要する速度を大きく短縮しました。

それでも本人の在職照明など、後日確認が必要な作業を省略することはできず、即日融資は当時のキャッシングサービスでは「あり得ないこと」の範疇でした。

ところが携帯からスマホの普及に伴い私たちの通信ツールは固定電話やデスクトップ型パソコンから、各自が常に持ち歩く、すなわち24時間いつでもダイレクトに、相手先とのコンタクトが可能な環境が整っています。

データ処理から管理される、個人情報その他の金融関連情報も、複数の金融業者間で共有され、融資に際して必要な作業がすべて、インターネットのネットワーク上で処理可能となったのです。

手元のスマホからの融資申請から、最短数十分で指定口座への着金が可能となったのも、三次元の世界に於ける、人間の事務処理作業が圧倒的にカットされたことが、大きく影響しているのです。

こうして既に「当たり前のサービス」と認識されるネット融資ですが、希望者全員に100パーセント、この対応が約束されているわけではありません。

審査のスピードアップは相応のリスクを伴うため、審査に関してはより厳格性が求められ、融資か非の判断に温情などが絡むことはありません。

一昔前の「泣き落とし」的な懇願で、金融業者の担当者が折れることは、当時も考えられない展開ですが、人対人のダイレクトな融資依頼からの交渉ではありません。

また申請から審査をパスするタイミング次第では、金融機関の休業日との兼ね合いから、着金が翌金融機関営業日となってしまう場合もあり、即日が絶対条件の場合、細心の注意が必要です。

この投稿は2018年10月6日に公開されました。

収入証明書不要のカードローンのメリットと注意点

a1

消費者金融の融資サービスのひとつである、カードローンを最初に申請するに際しては、指定されたいくつかの資料を提示する必要があります。

まずは申込者が本人であるかどうかの確認として、運転免許証、もしくは健康保険証など、公的に身分証明書として認められている資料の写しが必要です。

これは第三者が「なりすまし」で借入申請するリスク回避上不可欠であり、とりわけ来店不要の郵送もしくはインターネットでの申し込みに際しては、事故防止の観点からも徹底が必要なポイントです。

次に金融業者側からすれば、一面識もない利用者への融資である以上、返済能力の有無の確認が欠かせません

一般的に20歳以上で一定収入があれば、アルバイトやパートの場合も、一定金額の融資が可能なサービスもありますが、ここでも虚偽申請のリスク回避が求められます。

金融業者は利用者が申請した勤務先が実在するかどうか、確かに在職しているかなどを、業界独自のノウハウで確認しますが、ここでネックとなるのが、利用者の在職期間です。

たとえば申請時点で確かに在職していたとしても、入社2日目であれば、その勤務先から給与が支給された事実はなく、収入の存在を証明することはできません。

今後返済を続ける期間中、その人物が継続して在職する確証はなく、審査の可否の判断が難しくなります。

こうしたボーダーラインの申請者の判定材料として、収入証明書の提示を求めるケースが少なくありません。これは賃貸住宅への入居など、他の場面でも見られる、貸主となる業者のリスク回避方法として、日常的に用いられている審査方法のひとつです。

具体的には直近数ヵ月の給与明細書の添付などがあげられますが、ペーパーレス化が進むなか、この対応が利用者にとって負担となる傾向が否めません。

とりわけ急ぎの融資が必要な場合、所属勤務先に発行を依頼する、あるいは勤務先の所定のパソコンからプリントアウトしなければならないなど、いずれも対応が難しくて当然です。

こうした世の中の変化に対応すべく、収入証明書不要のカードローンサービスを提供する消費者金融業者が、多くの新規利用者から好評を博しています。ただし単純に審査基準が甘いわけではなく、安易な虚偽の申請がまかり通る融資サービスではありません。

むしろ虚偽申請から審査を通過できなかった場合、こうした行為も悪しき前例として記録され、金融業界内の共有情報となってしまい兼ねません。あくまでも「より簡単に申し込めるメリット」と捉え、正しく利用する姿勢が望まれます。

この投稿は2018年10月6日に公開されました。

すぐにお金を借りたい場面に遭遇したなら

何らかの事情で急いでお金を工面しなければならない場面では、キャッシングサービスの活用が、最も簡単手軽です。

家族や知人に借金を申し込むとなれば、事情や経緯の説明が必要ですし、納得から同意してもらえたとしても、その場で現金を手渡してもらえるとは限りません。

「すぐにお金が必要」の「すぐに」の部分を考えた場合、この方法は必ずしもベストとはいえません。

すでに便利で手軽な現金調達方法として、市民権を確立したと言えるキャッシングサービスですが、それでも過去1度も利用経験を持たない一部の方々が、誤った先入観を抱いておられるケースも見られます。

「金融業者からお金を借りるのが怖い」「過払い金など不透明な部分が不安」など、メディアが伝える関連情報の一部だけを、断片的にとらえての誤解か、その理由と推察されます。

キャッシングサービスは国が認可した、法律に基づく金融サービスであり、正しく理解のうえでピンポイントで活用することで、利用実績による信用度アップなど、プラスアルファのメリットも期待できます。

家族や知人など、借金を申し込んだことが引き金で、それまで円滑だった人間関係に不安が生じてしまう、残念なリスクとも無縁です。

個人的には一面積も接点もない、金融業者という「企業」からの借入であり、すべてビジネスライクである点も、利用者にとってのメリットです。

借入申請に際しては、わざわざ金融業者に赴く必要はありません。急ぎであれば、最寄りの無人のコーナーから、あるいは手元のスマホからでも申請可能です。

最短時間での審査から、即日融資を謳うサービスも多く、すぐにお金を借りたい人にとっては、ベストな選択肢と言えます。ただし審査の結果、希望金額全額を借りられない、あるいは融資不可の判断がくだされる可能性はゼロではありません。

特に現在他社での借入残高が膨らんでしまっている、過去に延滞を生じさせた経歴が残っている場合など、金融業者はこうした個人情報を業界内で共有しており、誤魔化すことはできません。

キャッシングサービスを万一の際の奥の手として、つねに確実に利用可能な状態を保っておくのであれば、普段からの無意味な多用は控え、必要な場面だけ、最小限の金額での利用が賢明です。

正しく自己管理していれば、すぐにお金を借りたい場面に直面したとしても、確実に助けてくれるサービス、それがキャッシングです。

この投稿は2018年10月6日に公開されました。

おすすめの消費者金融会社

04

カードローンの利用ができる消費者金融では、いろんなサービスを考えて他の企業との差別化を行っております。このサービスの中には非常に魅力的なものもあり、カードローンの借り入れを行う時に利用できるサービスでも魅力的なおすすめのものがあります。

それが、無利息期間を設けている会社です。このサービスは、だれでもいつでも利用できるわけではありません。しかし、その会社で初めてのカードローンの融資を行うときに利用できるサービスです。

このサービスを利用できる会社では無利息期間を30日間設けています。この無利息期間を設ける事は、この期間の利息の支払いが必要なくなるため、利用者にとってはとても魅力あるサービスです。

しかも、この利用期間が無利息になることで利息を支払う期間を通じて返済行った場合でも合計の利息金額が少なくなることになるので、利用したい会社になります。  

カードローンを利用できる会社のなかには、必要な書類を郵送しないといけない会社があります。最近利用頻度が増えているweb申し込みであっても後日必要な書類を郵送する手間があります。

しかし、会社によってはweb申し込みですべて完了する人であれば融資を受けるための書類を郵送することが不要となります。また、web申し込みの方法はパソコンだけではなくスマートフォンからも申し込みができるので、出先の場所でも心配せずに申し込みの手続きを行うことができます。

必要な書類を用意することができないことでカードローンの申し込みができないのは、利便性の悪い会社になります。そのためこの利便性の悪い必要書類を用意することをせずにカードローンの申し込みの終了させることができます。

このサービスを導入している会社によっては利用する人たちの割合でも20代が増えている会社もあります。日ごろ使い慣れた方法で申し込みをすることは非常に簡単に行えるメリットがあります。  

銀行などの一部の金融機関のなかには、カードローンの利用者を多く募集するためにweb完結で利用できるカードローンを新しく登場させています。金融機関の銀行によりこのサービスを利用できるカードローンがあります。

この銀行に口座を開設していない人であっても申し込みを行い利用することができるので、利率を安くさせたい人にとっては、魅力あるカードローンになります。

審査に通過するかどうか不安な人のなかには、まとめて数社に申し込みをすることがありますが、これはかえって審査に通過しない方法となります。そのためカードローンの利用や金利そして審査の状況を考えて1社に絞って申し込みを行う必要があります。

この投稿は2018年10月6日に公開されました。

即日キャッシングの活用法

即日キャッシングをすることは可能であると考えていいのでしょうか?

世の中急にお金が必要になることも多いのですが、正規の金融機関からお金を借り入れる場合には審査が必要になりますので、即日でお金を借り入れることは不可能であると考えてしまうう人もいるかもしれません。

たしかに銀行などからお金を借り入れる場合には審査に一定の時間が必要になりますので、即日でのキャッシングは不可能であると言ってもいいでしょう。

しかしながら、消費者金融はこのような不便さを解消するために即日でのキャッシングを可能にする体制を取っているものがあります。迅速な審査を心がけてもらえますので、即日でのキャッシングも可能になることも可能です。

もちろん即日でのキャッシングが可能であっても無審査で誰もがお金を借り入れることができる訳ではありません。審査にパスをすれば即日でお金を借り入れることができるようになるということを意味しているだけです。

ですから、これまで債務整理をしたことがある方の場合には、金融ブラックの状態になっていますので、即日でのキャッシングは不可能であると考えておくようにするといいでしょう。

また、即日でのキャッシングを希望している場合に、総量規制の問題も考えておかなくてはなりません。年収の3分の1以上のお金を借り入れることはできませんので、これまで色々な金融機関からお金を借りていて、総額が総量規制に牴触してしまう時には審査にパスすることができなくなってしまいます。

また、あまりにも多くの金融機関からお金を借り入れている場合にも仮に総量規制に牴触しなくても審査に通りにくくなってしまうことがあることを理解しておくようにするといいでしょう。

即日キャッシングすることができるのは非常に便利なことには間違いありませんが、借りたお金は利子を付けてきちんと返済をしなくてはなりません。返済できなくなってしまうとブラックリストに載ってしまうことも起きてしまいますので注意が必要です。

消費者金融でお金を借りるのが時間的に難しいというような場合も考えられます。このような場合にはクレジットカードのキャッシング機能を使ってみてもいいでしょう。

クレジットカードのキャッシング機能を使えば、即日で限度額までお金を引き出すことができます。非常に便利なシステムですが、一定の手数料を支払う必要が出て来ますのでその点は注意が必要です。

また、全てのクレジットカードにキャッシング機能がついている訳ではありませんのでその点についてもあらかじめ確認しておくようにすることが必要です。

この投稿は2018年10月6日に公開されました。

借りやすい消費者金融の条件について

003

借りやすい消費者金融の条件に付いてはどのように理解しておくのがいいのでしょうか?借りやすいということはいくらでも無制限にお金を貸してくれるということを意味している訳ではないことを理解するべきです。

消費者金融はお金を貸して良いかどうかを十分に検討してその上でお金を貸すことをしています。無責任にお金を貸してしまって、お金が返せない状態になってしまうと非常に困ったことになってしまうからです。

消費者を追い込むような貸し付けをするということは絶対にしません。

また、総量規制のルールが存在していますので、消費者の年収の3分の1までしかお金を貸し付けてはいけないことになりますので、無謀な貸し付けを行うことも消費者金融はしません

消費者金融がお金を貸してくれないという場合には、それは単にお金を貸し渋っているのではなくて、返済の危険性があると判断することをしている場合が多いと考えておくようにするといいでしょう。

また、いわゆるブラックリストにその情報が掲載されているような時にも消費者金融はお金を貸すことをしません。危険を冒してお金を貸し付けて返済ができなくなってしまうことは消費者金融にとっても全くメリットが無いことであるからなのです。

消費者金融が目指す利用の借りやすさというのは、迅速な審査と迅速なお金の貸し出しであると考えておくのがおすすめです。

銀行などからお金を借り入れる場合には、比較的長期間の審査が必要になってきます。そのような時間的な不便さを無くすことが消費者金融の利便性の尺度であるということを常に考えて行動してくれますので、非常にありがたいということがあります。

最短ではその日のうちにお金を借り入れることができるようになることもしばしばです。

いくらでもお金を貸してくれるような金融機関は十分に検討しなくてはなりません。総量規制に抵触しているかもしれないからです。

また、法定金利よりも高い金利でお金を貸しているようなケースも考えられます。このような場合には消費者金融ではありません。不法なお金を貸し付けをしている業者ということになります。

法定金利よりも高い場合には、お金の返済に対して大きな問題を生じてしまうことになります。更には違法な取り立てをしてくるような場合も考えられます。

お金を借り入れる時には正しい金利で正しい方法をお金を貸し付けている正規の金融機関であることを確認してみるようにするといいでしょう。

この投稿は2018年10月6日に公開されました。